一般 社団法人 全国住宅産業協会

(略称:全住協)

政策要望・報告書

政策要望・報告書

  • トップ>
  • 報告書>
  • 超高齢社会の居住のあり方研究会 最終報告概要版 10の提言について

超高齢社会の居住のあり方研究会 最終報告概要版 10の提言について

当協会では総務委員会内に「超高齢社会の居住のあり方研究会」(座長:加藤敏夫((株)アービック取締役会長)を設置し、明海大学と共同で調査研究を行ってまいりましたが、このたび報告書として下記のとおり取りまとめましたので公表いたします。

アンケート名称 超高齢社会の居住のあり方研究会 最終報告概要版 10の提言
研究目的
  • (1) 超高齢社会における居住のあり方について、法令・制度・関連業界が抱える問題点を整理する。
  • (2) 国民の各年代層が高齢期を迎えた時、どのような住宅に住もうとしているのかについてその意識を調査研究する。
  • (3) 超高齢社会の到来が住宅の一次取得、また住宅による資産の形成についてどのような意識変化をもたらしているかを研究する
実施委員会 総務委員会 超高齢社会の居住のあり方研究会
調査実施時期 平成20年9月~平成21年6月
ダウンロード 超高齢社会の居住のあり方研究会 最終報告概要版 10の提言
http://www.zenjukyo.jp/report/data/090929-10noteigen.pdf(PDFファイル 368KB)
本件に関する問合先 (一社)全国住宅産業協会 事業第2課(担当:米山)
電話:03-3511-0611

ご質問・ご入会については以下までお問合わせください。
(土曜日曜祝日はお休み。午前9時より午後5時まで受付可能)

電話マーク03-3511-0611

全住協入会 資料請求する