mainvisual

住環境かな関係くために、
全国フィールド活躍げています。

会長からのごあいさつ

会長からのごあいさつ

(一社)全国住宅産業協会は、平成25年4月、(一社)日本住宅建設産業協会と(一社)全国住宅建設産業協会連合会が新設合併して設立されました。当協会は、中堅企業を中心に上場企業も含む全国1,700社を擁する団体で、会員は首都圏ならびに北海道から沖縄まで、各地域においてマンションおよび戸建住宅の供給や住宅をはじめとする不動産流通事業等を行っています。これからも良質な住宅の供給と住環境の創造のため、それぞれの基盤をより発展させ、さらに社会に貢献できる協会として、努力を続けます。

会員について

会員について

北は北海道、南は沖縄まで全国の住宅・不動産業者が集結しました。マンション・戸建住宅の建設・分譲、仲介、ビル事業、宅地造成等をはじめリゾート事業、再開発・街づくりなどの不動産関連のさまざまな分野で活躍しています。

協会の目的

報告書

住宅及び宅地の供給、流通並びにこれらに関する事業の発展を図り、良好な住環境の整備を推進し、もって、住宅産業の健全な発展と国民の住生活の向上並びに公共の福祉の増進に寄与することを目的としています。

協会の事業

❶住宅及び宅地の供給、流通並びにこれらに関する事業の促進のために必要な方策の企画と推進
❷住宅及び宅地の供給並びにこれに伴う住環境の整備に関する事業の改善合理化に係る調査研究
❸宅地造成事業と都市計画との関連問題の調査研究
❹住宅の品質、機能等の確保、向上並びに住環境の整備に係る技術、工法の調査研究
❺住宅供給等事業を行うものの資質の向上に係る指導、助言
❻住宅購入者等需要者利益の保護増進に関する調査及び相談業務の実施
❼本協会の事業に関する広報活動並びに資料の収集編さん及び刊行
❽国及び地方公共団体等に対する協力並びに建議及び要望
❾その他本協会の目的を達成するために必要な事業