mainvisual

平成 25 年第4回優良事業表彰、表彰された優良プロジェクトはこちらです

一般社団法人日本住宅建設産業協会(日住協)と一般社団法人全国住宅建設産業協会連合会(住協連)は、平成 25 年4月1日をもって新設合併し、一般社団法人全国住宅産業協会(全住協)を設立いたしました。  全住協は、平成 25 年 11 月、第4回優良事業表彰の募集を行いました。  今回は、会員各社から 22 プロジェクトの応募があり、その内訳を部門別にみると、戸建分譲住宅:7、中高層分譲住宅:10、不動産関連事業:1、企画・開発:4プロジェクトで、戸建注文住宅は応募がありませんでした。また、地域別にみると、東京都:14、埼玉県:1、千葉県:1、神奈川県:5、茨城県:1プロジェクトとなっております。 応募いただいたプロジェクトについて、事業表彰審査会において書類選考及び現地調査を実施しました。  総合審査にあたっては、「戸建分譲住宅、中高層分譲住宅」の2部門では、(1)事業コンセプト、(2)商品、(3)環境配慮、(4)事業成果、(5)その他、「不動産関連事業、企画・開発部門」の2部門では、(1)企画・開発コンセプト、(2)商品開発、(3)環境配慮、 (4)企画・開発成果、(5)その他――のそれぞれの審査項目について、厳正かつ公正な審査を行い、10 プロジェクト(戸建分譲住宅:4、中高層分譲住宅:5、企画・開発:1)を優良事業賞に選考いたしました。 そして、この選考結果どおり平成 26 年3月 20 日の理事会において優良事業賞が決定いたしました。